『リモート』深田恭子ドラマ


深田恭子ドラマ『リモート』 (REMOTE) は、2002年にドラマ化された

恭子ちゃん21歳の作品。

初の婦人警官役で制服もよく似合っていました。


kosu.PNG
出典http://www.suruga-ya.jp/product/detail/98100298900...


交通課勤務の彩木くるみ(深田恭子)は結婚を機に寿退社を予定していたが、

突然A級未解決事件捜査特別室に配属される。

本来なら有能な人材が抜擢される部署なのだが、既に2人が退職させられている

イワクツキの部署。

優秀な人材を失いたくない上司が上からの命令で恭子ちゃんに白羽の矢が。


タイトルが『リモート』と言うことでなんかカッコイイと期待増でしたが、

A級未解決事件捜査特別室 上司氷室が恭子ちゃんをパソコンを駆使して

携帯電話で遠隔操作(リモート)しながら事件を解決していくというドラマ。

それで『リモート』。 そげな~ といったところで妙に納得しちゃいました。


この そげな~は恭子ちゃんの婚約者玉木宏が、恭子ちゃんとこれからイタス

というところで冷淡な上司氷室から携帯電話によって引き裂かれてしまうのですが、

嬉しそうにそれに応え、そそくさと氷室のもとに駆け出す恭子ちゃんの後ろ姿を

見てそげな~と叫ぶ玉木宏の決めゼリフ。


キャプチャdfrt.PNG
出典http://buta-neko.net/blog/archives/2006/12/post_96...


玉木宏がとんだドジで3枚目役で登場するんですがこれが妙にハマリ役でいい

ムードメーカーになって場を和ませいい味出しています。





このフィアンセの玉木宏さん、ドラマとは別にプライベートで自らデザインした

指輪を恭子ちゃんにプレゼントしたということ。

これって恭子ちゃんファンとっては尋常ではありませんよー。・・・


とはいっても同じデザインの指輪をほかの人たちにも配っていたという落ち・・・

なに~それ~て。笑!



マッ、それはさて置き、恭子ちゃんの婦警さん『逮捕しちゃぞ』のシーンは

残念ながら無かった。がっ。

その代りに同僚2人の『逮捕しちゃうぞ』が・・・

ウーン、ここは恭子ちゃんだろうがー。喝ー。




このドラマ、他のサイトでは辛口な批評もあるのですが、

この手のドラマは恭子ちゃんが演じることで成立する訳で、

恭子ちゃんのコスプレやブリッコな姿をを見て楽しむためのものだから

全然ありです。

そう、恭子ちゃんのブリブリのキャラを楽しめるだけで私なんか大満足です。


もともとこのドラマ深田恭子でドラマ化するためのコミック先行連載だったて

知ってましたー。

そうなんです、このドラマ恭子ちゃんのためのものだから。 これでいいのだぁ!


やっぱりこのドラマの見どころは冷酷な上司氷室と、ホッコリおとぼけの

恭子ちゃんとの会話

「お疲れ様です」「別に疲れてない」、ボイラー室に入って「暗いです」

「当たり前だ」とか、、



また、恭子ちゃんが氷室に対する突っ込みの間が絶妙で自然に

笑えるのもいいね~。





玉木宏に「混浴露天風呂」と言われて「いや~~」って拒否かと思ったら

キャッキャ キャッキャだし。

やっと爆弾を処理したのに、「サルでもわかる」と言われる恭子ちゃんの

ムッとした顔。



靴を履いたまま屋敷の中に入る時に“パパ、ママ、ごめんなさい”。

恐い目にあう度に半べそかいて“殺さないでー、殺さない?”

と聞いたりするところ。


夜中懐中電灯の灯かりを頼りに一人で捜査、怖さのあまり「お化けなんていなーいさ、

お化けなんて嘘さ」と歌いだすシーン。


更に、拳銃をぶっ放すシーンも的が定まらない。その反面2回目のぶっ放し

シーンは相手はロッカーなんですが、腰を落とし狙いを定める恭子ちゃんは

富士子ちゃんバリに中々サマになっています。



現場を実況中継しながら現在進行形の事件に迫ってゆくシーンはまるで

ロールプレイングゲーム感覚。

このドラマはストーリーよりも恭子ちゃんと上司氷室の会話見てるだけで

大変満足でした。






ドラマの最後、玉木宏と恭子ちゃんの結婚式のシーンでまたまた上司氷室からの

催促の電話が鳴っちゃう

ここで恭子ちゃん期待に応えて結婚式すっぽかし浮き浮きしながら

ご機嫌で飛び出して行ってしまう。

その後すぐにおきまりの「そげな~」で ドラマ THE END。


この後3人の行方はどうなったんだろうと気がかりでショウガナイ。

是非、特別番組の枠組みで教えてほしいものです。

今回も期待を持たせつつ

そんなこんだで、またお会いしましょうー。






追伸

今回はコスプレも盛りだくさん。1,2話での婦警さんに始まり、3,4話での女子高生、

5話でのルパン3世の富士子ちゃ~ん、6話でメイド、など盛りだくさん。


またまた登場のシャワーシーン。

その後の大きめワイシャツで生足もろだしといった

目の保養シーンもアルヨ~。



高速情報協同組合のガソリンカード




関連記事
    → 『to hert 恋して死にたい』深田恭子ドラマ
    → 『Fighting Girl』深田恭子ドラマ
    → 『ストロベリーオンザショートケーキ』深田恭子ドラマ
    → 『リモート』深田恭子ドラマ
    → 『南くんの恋人』深田恭子ドラマ